2024年 07月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
今日
2024年 08月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
発送業務お休み
 

トップ > 臨床医学 内科 > 喘息診療実践ガイドライン2023
臨床医学 内科 > アレルギー科 > 喘息診療実践ガイドライン2023
臨床医学 内科 > 呼吸器科 > 喘息診療実践ガイドライン2023

喘息診療実践ガイドライン2023

発売日 :2023年7月21日
作成 :一般社団法人日本喘息学会
ISBN :978-4-87794-232-8
定価 :2,420円(本体2,200円+税10%)
体裁 :B5判、本文86ページ

ご案内
本サイトでは品切れです。
お手数ですが、Amazon(外部サイトへのリンク)にてお求めください。
また、新刊『喘息診療実践ガイドライン2024』の購入もご検討ください。


喘息はアレルギー疾患の増加とともに増え続けており、喘息患者全体の約8割の診療はプライマリ・ケア医が担っているともいわれています。
そこで、本ガイドラインは日本喘息学会により「一般診療での喘息診療」を円滑に進めるための診断、検査、治療などについてわかりやすく解説され、困難な喘息診断を克服するために丁寧な問診による診断を中心に据えて、
“Precision medicine”、“Treatable traits approach” の視点を採り入れた簡便なチェックリストやフローチャートなどで構成されています。

改訂のポイント
  • ・問診の項目において「気道過敏性を示唆する症状と刺激のチェックリスト」
     が表として加えられました。
  • ・慢性咳嗽の項目名を「プライマリ・ケアで容易に原因を特定できない」慢性
     咳嗽の鑑別診断と変えて、より一般診療において咳嗽を鑑別する際に役立て
     ていただけるように見直し、「難治性咳嗽」の解説が加えられました。
  • ・喀痰について「喀痰調整薬」の項目が加えられました。
  • ・重症化予防チェックリストにおいて増悪因子「気道感染」に「(細菌・ウイ
     ルス)」が追記され、また、問診時のCHECK項目および予防のための対応
     が見直されました。
  • ・喘息患者の治療目標として「臨床的寛解(Clinical Remission)」の解説が
     加えられました。
  • ・生物学的製剤において抗TSLP抗体製剤の解説が追記されました。
  • ・「地域連携パス」の項目が追加されました。

訂正について
価格 : 2,420円(税込)
数量
 

書籍は1梱包(上限目安10冊または4セット)につき748円。『皮膚病診療』は1冊につき168円(年間購読は送料無料)。キャンペーン商品は除く。

品切れ
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ